永平寺 幸家のごまどうふ - 健康と幸せのために

素材にこだわる。
風土にこだわる。
製法にこだわる。
他のどこにもないおいしさを
めざして。

精進料理の教えが根付いた土地で、地下100メートルから湧き出た伏流水を使い、
よりすぐった素材を作って、ここにしかないおいしさを“真っ正直”に作る。

看板商品である「永平寺幸家のごまどうふ」には、そんな私たちのこだわりが凝縮されています。

豆腐も人も水が命。

当社が製造拠点を永平寺町諏訪間に選んだ理由。それは「水」です。当地には、昔から豊富な天然水が湧き出ていました。白山山系の地層上にある諏訪間地区は、白山の火山活動により流れ出た溶岩が積み重なって形成された土地で、地下百メートルまでの間に3層の分厚い岩盤があります。冬の間に降り積もった雪が岩の亀裂に沿って、1年間で1メートルのスピードで、じわじわと地下深くに染み込み、ミネラルを豊富に含んだ水源を育んでいます。

当社では岩盤3層を貫通する井戸を掘り、地下百メートルの深さから汲み上げた伏流水を全ての製品作りに用いています。

100年の歳月をかけ、大自然が生み出す巨大な天然フィルターで濾過された澄みきった軟水系の良質な水。別の場所で、同じ素材・製法をもってしても、再現できない味。まさに「ここでしかできない」場所で、ごまどうふをはじめとする様々な製品作りに取り組んでいます。

水質項目 おいしい水
の要件
白山の伏流水
(当社仕込み水)
硬度 10~100mg/ℓ 57mg/ℓ
蒸発残留物 30~200mg/ℓ 120mg/ℓ
過マンガン酸
カリウム消費量
3mg/ℓ以下 0.4mg/ℓ以下
水温 最高20度以下 17.2度

「おいしい水の要件」は、
1985年厚生省「おいしい水研究会」発表によります。

禅の心が息づく
永平寺のお膝元で。

約800年前に道元禅師が開山した世界的に有名な「禅の故郷」曹洞宗大本山永平寺。道元禅師が示した「典座教訓」は、料理を作る人の心得を説いた書物です。不殺の教えから肉魚を使わず、贅沢な食材を使わなくとも手間と工夫と食べる人を思い愛情を込めて作ると、何気ない食材でも感動的な美味しい料理が出来るという教えです。

幸伸食品の製品も大豆・胡麻・葛等のシンプルな植物性素材で作られています。材料がシンプルなぶん、手間と知恵と工夫、そして食べる人のことを思いながら「おかげさまで」の感謝の心を持って作ることで、贅沢な食材を用いた料理とは異なるおいしさが生まれます。道元禅師の教えが脈々と生き続け、心に染みわたる美食が生まれる。そんな永平寺町を拠点に、私たちは製品作りに取り組んでいます。

独自製法が生む“品質の差”。

幸伸食品の製造設備は、すべて「幸伸食品オリジナル」です。幸伸食品のごまどうふは材料がシンプルなぶん、製造工程の至るところで、幸伸食品独自の加工技術を入れ、類似品との「違い」を追求しています。

たとえば、調理過程で瞬時に加熱処理を行っているのもその一つ。加熱時間をできるだけ短縮することで素材本来の風味を損なわず、レトルト殺菌した食品にはない美味しさを可能にしました。さらに食材の磨り潰し方や練り方を工夫することで微妙な食感や口どけを生み出しています。

幾多の工夫の積み重ねが、他社の類似品や大量生産製品とは決定的に違う“品質の差”につながっています。

こだわり抜いた素材。

シンプルな植物性素材を中心に使用し、素材が持つ本来の糖度や旨味を大切にしています。粉ものであれば口どけを左右する粒度や加熱した時の粘性、胡麻であれば焙煎条件や粒度等、美味しさを追求するため素材のコンディションには細かい品質基準を設け、厳選したものだけを仕入れています。また、高級食材である吉野本葛など、一流料亭クラスの食材も惜しみなく使用しています。

独自ブレンドの練りごま

ごまどうふの風味は、練りごまで決まります。食感や口どけにも影響するため既製品は使わず、老舗の胡麻メーカーと共同で当社オリジナルブレンドの練りごまを開発。ごまどうふに最も適した香り高く、コクが引き立つ専用の練りごまを使用しています。

吉野本葛「みゆき印」

徳川吉宗の時代から続く旧幕府直轄の薬草園、森野吉野葛本舗製の「みゆき印(昭和天皇が命名)」を使用しています。京都の老舗和菓子店や料理店で珍重されている本葛で、普通の澱粉よりきめが細かく、口どけ・消化を助けます。 堀子さんが山で葛の根を採取し、澱粉への精製工程に非常に手間がかかることから「白いダイヤ」と呼ばれる希少価値の高い逸品。他にはない、なめらかな口どけを生んでいます。

弊社のごまどうふは、全国の皆様から高い評価をいただいており、
様々な賞を受賞しています。

2000年3月
農林水産省主催 平成11年度 全国優良ふるさと食品コンクール 新技術開発部門
食品産業センター会長賞受賞「永平寺心やすらぐごま豆腐」
2001年3月
農林水産省主催 平成12年度 全国優良ふるさと食品コンクール 新技術開発部門
総合食糧局長賞受賞「永平寺心やすらぐ禅どうふ ごま風味 白ごま」
2002年3月
農林水産省主催 平成13年度 全国優良ふるさと食品コンクール 新技術開発部門
総合食糧局長賞受賞「永平寺心やすらぐごま豆腐 抹茶」
2003年3月
農林水産省主催 平成14年度 全国優良ふるさと食品コンクール
新技術開発部門総合食糧局長賞受賞「永平寺高級ごま豆腐禅の醍醐味 黒ごま」
2012年6月
モンドセレクション銅賞受賞「永平寺ごまどうふ」
2014年3月
農林水産省主催 平成25年度 全国優良ふるさと食品コンクール 新技術開発部門
農林水産省食料産業局長賞受賞「幸家のごまどうふプラス」

フリーマガジン
「素材のちから」に
弊社のごまどうふが紹介、
掲載されました。

弊社のごまどうふが
「モンドセレクション2012」
において
銅賞を受賞しました。

弊社のごまどうふが『モンドセレクション2012』において銅賞を受賞。世界でもこのような賞をいただけたことに感謝し、これからも確かな商品づくりに取り組んでいきます。

小売用
(白ごま・黒ごま)商品が、
「フード・アクション・
ニッポンアワード2016」
において
入賞しました。

永平寺 幸家のごまどうふ(白ごま・黒ごま/小売用)は、国産農林水産物の消費拡大につながる優れた産品を表彰する「フード・アクション・ニッポンアワード2016」において「入賞」100産品の一つに選ばれました。

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る