お知らせ & ブログ

昨夜は、今、全国的にHOTな「あわら市」にある

あわら温泉で会社の忘年会でした。今年も一年、

少数精鋭で皆、仕事を頑張ってくれた御礼の会です。

 

宴会の途中、昨年入社の阿部君と今年入社の森景さん

の二人が企画しての楽しいゲームがありました。

 

この二人に宴会での企画をするよう指名し、とにかく

楽しく盛り上げ欲しい!と伝えただけでしたが、忙し

い中、連日終礼後の時間で打合せをしていました。

 

箱の中に何が入っているでしょうか的なゲームです。

上の写真中央は若手のホープ伊藤君。来春入社の滝川

さんの手を握りしめて・・・。スベスベの女性の手…

であることは分かったようですが、問題は「誰の手」?

なのか・・・

かなり盛り上がっていました。若いスタッフの企画力

スゴイ!。こういう事ができるということは仕事のセ

ンスもあるんですね。あとはお酒の入らない普段の仕

事の中で、上司が如何に引き出してあげるか?ですね。

普段の仕事では中々見られない若手の潜在能力、実に

いいもの見せて頂きました。

 

さて、昨晩の忘年会の会場は、あわら温泉きっての人気

旅館グランディア芳泉さん。TVCMでもお馴染みのリニ

ューアルされた大浴場「天上のSPA」は最高でした。

天にも昇る・・・神秘的で、い~湯でした。

北陸新幹線福井開業を前に、攻めの投資をされておら

れます。忘年会シーズンで宴会場はフル稼働。山口専務

流石ですね。先月の日経トップリーダーにも登場された

やり手経営者です。

 

幹事をしてくれた坪内君、上出さんも本当にお疲れ様で

した。最後の後片付け、後始末までキッチリ責任をもっ

てやり遂げてくれました。

 

富山県婦中にある旅館で、富山調理師会様の

会合に参加しました。富山中の和食料理人が

一堂に会する会で、ある大手卸の支店長様よ

りお声掛け頂き、人脈作りと「ごまどうふ」

のPRも兼ねて行って参りました。

富山を代表するホテル・旅館・料亭の料理長が

約200名くらい集まり、その中でもドン的な

方にご挨拶と「ごまどうふ&ツール」を手渡し。

 

ここでも永平寺の「ごまどうふ」は有名でした。

しかし一流料理人の集まり。皆さん、手作りの

達人ばかりで、各々のこだわりをお聴きするこ

とが出来ました。

一方で、やはり人手不足はどの地方に行っても

深刻。料理の世界は特に深刻ですね。若手が少

ない、というか入って来ない。

また、衛生管理の維持が難しいとの事。直ぐに

マスコミやネットで大きく広がりますからね。

ここが我々のチャンス。今すぐにオーダーは無

くとも1年後には、多少の成果が出そうです。

 

企画塾で学んだCTPTマーケティングでいう認知

・興味段階です。ここから継続発信して行きつつ

粘り強く関係性を作って行こうと決めました。

 

最後に・・・

ここに出てきた料理の中で、「氷見の寒ブリ」は

流石に美味でした。鮮度の違いがまるで違います。

同席者によると〆方が違うと。氷見だけに、氷の

使用量が半端ないらしいです。氷代だけで年間数

千万円掛るらしいです。見えない所にお金を掛け

る。小さいことですが大変勉強になりました。

 

 

 

 

3週間前の東京出張時に、K王ホテルの和食調理長との

会話の中で、ごまどうふの「雲竜柄」を宿題として貰い

ました。実は、他の料亭様数社にも同じ話題がでていま

した。共通点は、ごまどうふを手作りしているお店から

のリクエストです。日本料理は芸術ですね。手造りだか

らできるんです。が、機械である程度の量を作るとなる

と色々なテクニックが必要になってきます。

手造りでは、白ごまどうふを作る時に、黒の練り胡麻を

一筆書きのように垂らし込み模様を描くのですが、人間

の感覚の世界です。これを機械でやるとなると至難の業。

何とか工夫して写真のような模様ができました。まだ、

これから色々な課題をクリアーして完成させたいと思い

ます。

 

先日、あるセミナーで時流進化し企業が生き延びていく

ためには、日々の些細な改善や些細なトライの積み重ね

が必要で、その実践がある日突然変異を生むんだと。

何もしないで、ある日突然突然変異は起きませんよと

仰っていました。生物の生き残りもDNAレベルの小さい

変異が積み重なり、ある日大きく変異すると。

 

今、私たちは高級業態の飲食店の料理長と直接お話しで

きる営業スタイルを取っています。問屋さんを使うより

遥かに非効率ですが、ある意味、商品開発のヒントは山

のように得られます。何に困っているか?何がほしいか?

複数の顧客の共通点が市場のニーズだと。実に単純明快。

ダイレクトに分かります。

 

また、今、インバウンドの増加と東京オリンピックに向け

和食の料理人さんは特に若手が不足し、なり手が全くいま

せん。募集を掛けても半年以上応募ゼロという世界です。

上質な加工品が求められている時代ですね。その中でも

ニッチなニーズをわが社で頂こうと思っています。

 

膨大な需要がありますが、中小企業らしく我が社が得意

とする分野で深堀りして、非競争の分野でトップに立ち

たいと願っております。

 

 

 

 

 

 

 

今日の午前、思わぬVIPが来社されました。

福井県内で焼きたてパン「はちの子」を2

店舗、ミスド14店舗経営されておられる

「みつばち」の川崎会長様が突然のご来社。

弊社会長から常々お聞きしていた創業経営

者のご来社に驚きました。

http://mitsubachi-misdo.jp/

脱サラから小さな喫茶店を始められ、現在に

至る経緯のお話しをお聞きしました。85歳

との事ですが、どう見ても70歳にしか見え

ません。そして何よりも現在、展開されてい

る新しい業態のチーズケーキのお店について

ホント楽しそうにお話しされていました。近

い将来、福井にも出店されるとお聴きしまし

たが、楽しみですね。このお姿を見て年齢な

んて関係ない!流石だと感じました。ワクワ

クして仕方ない感が伝わってきました。これ

が成功する秘訣なんでしょう。きっと普段の

仕事も集中力をかけて取り組めるのでしょう。

大変勉強になりました。次回、またお話しを

お聞きする約束をしました。

 

お昼には、奈良県から弊社「ごまどうふ」の

吉野本葛を納めて頂いている森野吉野葛本舗

社長、同社20代当主、森野様がご来社され

ました。創業450年という信じられない老

舗企業です。

http://www.morino-kuzu.com/

南北朝時代の創業、徳川幕府の薬草園として

栄えた同社。国内の名立たる老舗和菓子店、

料亭でも使われている最高級の吉野本葛を

作られています。弊社の「ごまどうふ」も

同社吉野本葛が無いと成立しない最重要原

料です。逆にそれ程上質な吉野葛を使った

加工食品の「ごまどうふ」を作っているの

は当社しかないと思います。

 

吉野葛は今でも、堀子さん達が吉野山中に

入り、手掘りで葛の根を採取します。今の

時期から冬眠に入る葛は根っ子に栄養を蓄

えるので3月末頃まで根には沢山の澱粉が

含まれています。4月になると葉や花に栄

養が運ばれるそうで、それまでの間に根っ

子から葛澱粉を精製するとのこと。

 

現在では、世界中の超高級飲食店にも輸出

されており、まさに老舗企業のブランドの

王道を行く素晴らしい経営をされています。

無理して、多く安く売らない。既存顧客を

大切にされる・・・そういう地味で誠実な

姿勢に、いつも感服させられています。

 

 

 

 

 

月・火と東京出張し、TVショッピング・超高級

和食店・高級ホテル・高級お弁当企業・高級スー

パー様と商談してきました。

ほぼ高級な業態ばかり・・・。ターゲットが絞り

込めている証拠です。その上直接取引のユーザー

様ばかりなので、直接面会して、お話しをお聞き

すると新しい商品開発のヒントが沢山あります。

今回も沢山のヒントが得られました。今日の午後

頂いたお声を整理し、何をするべきか?考えを煮

詰めることができました。

この写真は、御茶ノ水にある神田明神。はじめて行

きました。この近くにある高級弁当屋さんも新しい

発見がありました。さすが東京。日々、色々な場所

で何千人単位の高級お弁当の需要があるのですね。

まだまだニッチの美味しい市場が沢山あるのだと気

づかされました。ある意味大きなチャンスです。

 

そして今日、福井県庁様とJetro福井様が、海外から

5か国のバイヤーを当社にお連れになり産地視察を

されました。香港・シンガポール・マレーシア・ベ

トナム・イスラエルから現地の高級ホテル等に新鮮

な日本食材を卸しておられるバイヤー達。

前日の商談会で「ごまどうふ」には興味が無いとの

報告を受けていたので心配していたのですが、見事

逆転。「永平寺町と食文化」を題材に、なぜ?ごま

どうふという食品が生まれたのか?胡麻と禅宗と

日本料理の関係性をお話しし、文化を前面に打ち出

した少し難易度の高いプレゼンに挑戦しました。

そして、終わりに「ごまどうふ」の試食。前日の商

談会であるホテルのシェフが洋風アレンジしたごま

どうふを試食に提供された真逆に、一通りのプレゼ

ンの後、永平寺流の食べ方で「ごまどうふ」の試食。

これが思わぬ反響で、現地で数百年の間、食べられ

ているそのままの食べ方+歴史&文化の説明を加え

ると深い理解が得られるのだと実証できました。

狙い通りでした。

この話しの内容、面白いので別の機会にアップします

ね。今週は、東京2日+福井で海外バイヤーへのプレ

ゼン。手ごたえのある3日間で、またヤル気が湧いて

きました。

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る