お知らせ & ブログ

先週7月6日から9日まで、ハノイに

行ってきました。

関西国際空港から4時間半。インバ

ウンド全盛期のせいか?

平日なのに外国人で一杯。

初めて知りましたが、関空→四国

上空→九州→上海→中国内陸部上

空→一直線でハノイ。というルー

トなんですね。初日は、ベトナム

商工会議所へ。

2日目は、brother製COPY機の部品

を納入している富山の黒田化学様他

1社へ。

これはbrotherの工場敷地内にある

従業員の社員寮。これが4~5棟建っ

ています。洗濯ものだらけ…。

工場で働く人の賃金は月給4万円位。

中国の約半分とのことです。

電力代も同じく中国の約半分。

郊外では右折が面倒で、目的地付近

に来ても、右折が出来ないため10分

程通り過ぎてからUターン。合わせ

て20分のロス。

そして、工場視察の合間にショッピ

ングセンターを視察。興味は、食品

売り場に。

この写真は冷食売場。中華食材が殆ど。

この写真は、ヨーグルト売場。売場面積が

一番大きい。こんなにヨーグルト食べるん

かい?くらいに種類が多いのに驚きました。

豆腐もありましたが、面積は狭いですね。

30~50円。賃金の割に高い!日本の安売

り豆腐と変わりません。笑

鮮魚売り場は雷魚ばっかりでした。

「ごまどうふ」は、流石に販売は無理そう

ですね。

 

続いては最終日のハノイ市内観光。

建国の父、ホーチミン元国家主席のお墓へ。

土日と木?しか一般公開は無し。金属探知

機を通過し、きれいに2列に並びなさい!と

軍人の厳しいチェックが続きます。この写真

は私一人のショットですが、写真を写す側

には約30分の大行列。後ろの建物の中に

共産国家らしくホーチミン氏の永久保存遺体

がガラスの棺に祭られているのを見学。

 

歴史的には

中国時代→フランス支配時代100年→第二次

大戦(日本支配時代)→フランス再侵攻→独

立→南北対立(サイゴン 南ベトナム 米国:

ハノイ 北ベトナム ソ連)→ 北ベトナム

勝利→南北統一→中国の侵攻→勝利。

 

個人的な意見ですが、ヨーロッパの植民地支

配の歴史が長い国は搾取が強烈だったせいか?

貧しい国が多い気がします。その逆が宗主国

の派手派手しい装飾の建物で、地道に働いて

得た富では成しえないバブリー感があります。

今回、実際に自分の肌で感じたハノイは、

経済発展が進んでいるという日本で得る情報

とは別に、日本より40年ほど遅れている感じ

を受けました。私が幼稚園の頃の日本…とい

う感じを受けました。

なので、私たちの「ごまどうふ」が売れる

高級日本料理店の市場は、まだまだこれから

といった感じです。

 

今回同行したメンバーとの夕食会でお話しを

しましたが、行ってきた人の話しや写真の情報

は非常に断片的なフィルター情報。やはり、自

分がその場と空気に触れたからこそ得られる情報

は、足を運ばないと決して得ることが出来ません。

今のアセアンをどう攻めるか?を考える上で大変

貴重な体験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る