お知らせ & ブログ

6月に依頼を受け、地元K高校2年生の生徒

さんにお話しをさせて頂きました。

SGH(スーパーグローバルハイスクール)

という科目で、文科省により全国で56校

が指定を受けており、「急速にグローバル

化が加速する現状を踏まえ、国際的素養を

身に付け,将来,国際的に活躍できるグロ

ーバル・リーダーを育成する」ものです。

何故?幸伸食品が招かれたのか??それは

生徒さん達が「福井のモノを海外にどう売

るか?」を課題設定しているからとのこと。

その後、リアクションは特になかったので

すが、立て続けに2件の課題設定報告が。

①ごまどうふを「ダイエット食」として

オーストラリアに売る。

②ごまどうふを「ベトナムの屋台」で

スイーツとして売る。

思わず「はっ?何で?」でしたが、

彼らがそれをどう実現させるのか?若くて

頭がいい高校生のアイデアを知りたくなり

ました。これから彼らは実際に現地へ足を

運んで市場調査や現地の人との交流で可能

性を探って来るとの事。ビジネス経験のな

い高校生が、お遊び半分で出したアイデア

と一蹴してしまう人もいるでしょうが、今

は大変化の時代、今までの経験や前提は一

旦横に置いて、若い感性で何処までやるの

か?また、行動してみた結果、得られた事

が、違うアイデアを生む化学反応を期待し

彼らの次の報告を待ちたいと思います。

幸伸食品でも、先ずは社員の意見を全て

一旦聞き入れ、出来るだけ行動してもらう

ことを心掛けています。私は、自分の考え

を発言でき、自分で実行してみるという環

境こそ、価格競争の時代からアイデア競争

の時代に変わった今、必要だと思っていま

す。発言できない・言うだけで行動しない

では失敗もありませんが、ノウハウがたま

りません。高校生たちの海外での情報収集

心から楽しみに報告を待つとします。

 

 

 

 

 

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る