お知らせ & ブログ

カンブリア宮殿でマザーハウスの山口絵理子

社長が出演されていました。今迄の番組で、

たぶん一番刺激を受けた人物かも。すごい!

マザーハウスのことは有名なので皆さん

ご存じのハズ。説明は省きましょう。

感動した(刺激を受けた)こと

・地位なんて関係ない。目標が達成できれば。

デザイナーでもある山口社長は、これを

工場で生産出来るか?工場長に伺っている。

うちと、一緒だな(笑)

その偉ぶらない自然で謙虚な姿勢に感動。

 

・社会貢献が前に出過ぎず、自然にビジネスと

社会貢献がリンクしている。

アジア最貧国のバングラディシュで1ドルの

大量生産品を作るのでなく、世界に通用する

ブランドをつくる。社員には平均の1.5倍の

給料を給料日にきっちり支給している。

 

・目標達成のために必要なことは全部やり、

それを何処までやりつづけられるか?

アンフェアに立ち向かう という価値観を

貫いている。

 

沢山刺激を受けたのですが、勇気を貰いました。

私は以前、彼女が情熱大陸に出演した時に知っ

たのですが、そのころと比べ、夢の実現、現実

の拡大が出来ている。現在30代前半。

何もないゼロベースから彼女の想いが形になっ

て社会貢献としてもビジネスとしても成功。

 

私たちは、ごまどうふを作って全国に販売して

いるが、これも国内で少なからず社会貢献に

繋がっている。と信じて、まだお使い頂いて

いないお客様にご紹介続けています。

 

彼女から学ばされたのは、

ごまどうふが、社会貢献につながるんだという

強い意志をもって、社会貢献につながっている

実感が出来るまで、やり続けないといけないと

心の底から思わされました。ごまどうふの先に

つながる商品も見えた。そんな気がしました。

 

国内の少子高齢化は、色々な産業で大変な仕事

を生んでいます。飲食の世界も同じ。皆、時間

に縛られ過ぎています。是非、料理人の人たち

の助けになるような食材の提供をしないといけ

ないな、と使命を確認できました。

 

 

 

 

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る