お知らせ & ブログ

月・火と東京出張し、TVショッピング・超高級

和食店・高級ホテル・高級お弁当企業・高級スー

パー様と商談してきました。

ほぼ高級な業態ばかり・・・。ターゲットが絞り

込めている証拠です。その上直接取引のユーザー

様ばかりなので、直接面会して、お話しをお聞き

すると新しい商品開発のヒントが沢山あります。

今回も沢山のヒントが得られました。今日の午後

頂いたお声を整理し、何をするべきか?考えを煮

詰めることができました。

この写真は、御茶ノ水にある神田明神。はじめて行

きました。この近くにある高級弁当屋さんも新しい

発見がありました。さすが東京。日々、色々な場所

で何千人単位の高級お弁当の需要があるのですね。

まだまだニッチの美味しい市場が沢山あるのだと気

づかされました。ある意味大きなチャンスです。

 

そして今日、福井県庁様とJetro福井様が、海外から

5か国のバイヤーを当社にお連れになり産地視察を

されました。香港・シンガポール・マレーシア・ベ

トナム・イスラエルから現地の高級ホテル等に新鮮

な日本食材を卸しておられるバイヤー達。

前日の商談会で「ごまどうふ」には興味が無いとの

報告を受けていたので心配していたのですが、見事

逆転。「永平寺町と食文化」を題材に、なぜ?ごま

どうふという食品が生まれたのか?胡麻と禅宗と

日本料理の関係性をお話しし、文化を前面に打ち出

した少し難易度の高いプレゼンに挑戦しました。

そして、終わりに「ごまどうふ」の試食。前日の商

談会であるホテルのシェフが洋風アレンジしたごま

どうふを試食に提供された真逆に、一通りのプレゼ

ンの後、永平寺流の食べ方で「ごまどうふ」の試食。

これが思わぬ反響で、現地で数百年の間、食べられ

ているそのままの食べ方+歴史&文化の説明を加え

ると深い理解が得られるのだと実証できました。

狙い通りでした。

この話しの内容、面白いので別の機会にアップします

ね。今週は、東京2日+福井で海外バイヤーへのプレ

ゼン。手ごたえのある3日間で、またヤル気が湧いて

きました。

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る