お知らせ & ブログ

富山県婦中にある旅館で、富山調理師会様の

会合に参加しました。富山中の和食料理人が

一堂に会する会で、ある大手卸の支店長様よ

りお声掛け頂き、人脈作りと「ごまどうふ」

のPRも兼ねて行って参りました。

富山を代表するホテル・旅館・料亭の料理長が

約200名くらい集まり、その中でもドン的な

方にご挨拶と「ごまどうふ&ツール」を手渡し。

 

ここでも永平寺の「ごまどうふ」は有名でした。

しかし一流料理人の集まり。皆さん、手作りの

達人ばかりで、各々のこだわりをお聴きするこ

とが出来ました。

一方で、やはり人手不足はどの地方に行っても

深刻。料理の世界は特に深刻ですね。若手が少

ない、というか入って来ない。

また、衛生管理の維持が難しいとの事。直ぐに

マスコミやネットで大きく広がりますからね。

ここが我々のチャンス。今すぐにオーダーは無

くとも1年後には、多少の成果が出そうです。

 

企画塾で学んだCTPTマーケティングでいう認知

・興味段階です。ここから継続発信して行きつつ

粘り強く関係性を作って行こうと決めました。

 

最後に・・・

ここに出てきた料理の中で、「氷見の寒ブリ」は

流石に美味でした。鮮度の違いがまるで違います。

同席者によると〆方が違うと。氷見だけに、氷の

使用量が半端ないらしいです。氷代だけで年間数

千万円掛るらしいです。見えない所にお金を掛け

る。小さいことですが大変勉強になりました。

 

 

 

 

幸家オンラインショップ
幸家直営店
第11回 全国高校生食育王選手権大会
トップページへ戻る