お知らせ & ブログ

私が日頃、感じていることをアップしていきます。

昨日、新入社員の日報に「幸家の物販コーナーで、

どんな風に説明すれば、お客様に、より理解して

いいただけるか?」というコメントがありました。

今朝の朝礼で早速、話題に出しました。

価値をどう理解いただくか?ということですが、

安売り商品は、「安さ自体」が価値なので

商品内容を詳しく語る必要はありません。

幸家のごまどうふの場合、見た目は他社と同じですが、

価格は約2倍高いです。が、おかげ様で売れています。

食べたことのないお客様に、素材のこだわり、製法の

違い、受賞歴などをお話しするだけでは買いたい!の

スイッチは絶対に押せません。

当然、社員として理解していることは大前提です。

が、お客様の心配事を解決する、泥臭い1つの

キラーワードの方が、よほどスイッチを押せます。

例えば、今日、旅行の初日で数日間旅行される場合

店頭で「常温で5日程、持ち歩いても大丈夫ですよ」と

説明した方が余程グッと伝わります。

スーパーでの商談でバイヤーとお話しする時、

あるいTVショッピングで視聴者に話す時も

それぞれ別のキラーワードがスイッチを押します。

「限定数のご用意が少なくなっています」

「ただ今ご注文の電話が集中しています」等など

伝える技術は、単に商品のこだわりよりも

買う場所xお客様一人一人の心理状況を想像し

何が?お客様のスイッチを押すか?瞬時に言葉を

選ぶこと。ダメなら次の言葉を・・・

当然、他社製品よりも高い理由を手短に興味深く

熱く語れる技術もセットで必要です。

その為には、日頃から色々な情報を自身の中に

蓄積させないと無理ですね。その蓄積した範囲で

しか言葉は出て来ません。

伝えるとは、やはり難しく、永遠と正解がない

奥深いものですね。

幸家オンラインショップ
幸家直営店
トップページへ戻る