徹底品質 - 健康と幸せのために

健康と幸せのために、
徹底的に「質」を追求する。
それが幸伸食品の基本方針です。

幸伸食品の「質」には、幾つかの構成要素があります。

まず一つ目は徹底的な「安全の質」。二つ目はもちろん「味の質」。
三つ目はそれら商品をつくる「人材(社員)の質」。そして四つ目が「経営の質」です。

これらすべての構成要素を追求し続けることが幸伸食品の基本方針であり、
『創業以来の返品ゼロ』、というお客様からの評価にもつながっています。

衛生・安全管理について

[工場環境]

湿度管理を徹底し、
工場内の空気を衛生的に保つ。

当地は、夏は炎天下、冬は雪深い寒暖の差が非常に大きい気候風土のため、工場内の湿度管理が非常に困難です。これを解消するため、工場全体の屋根を2重構造に。空気層を設けることにより工場内の湿度が常に一定になるような構造体にしています。さらに、工場の床下には炭を敷き詰め、床下の温度と湿度を調整しながら結露やカビの発生も防いでいます。

また、製造工場内の天井にはマイナスイオンの「電子イオンシャワー」発生装置が備え付けられています。静電気を除去し、埃やゴミなど異物の付着を防止。害虫の侵入も防ぎます。

さらに、空気清浄機を各現場単位で取り付けており、常に工場内の空気を循環。空気清浄機に集積した浮遊菌をオゾンにより分解し、常に浄化された衛生的な環境を維持しています。

[水の殺菌]

天然の伏流水の風味を保つ、
高レベル紫外線殺菌。

地下100メートルから汲み上げた伏流水は、特殊フィルターで濾過され、工場内にパイプラインで送り込まれています。その後、各現場で、精密電子部品工場と同等の高レベルな紫外線殺菌装置で殺菌されます。天然の伏流水の味を損ねることなく安全に殺菌する方法として食品工場としては早くから導入しています。

[安全装置]

異物の混入を防ぐため、金属探知機、X線探知機を導入しています。さらに、精度の高いウェイトチェッカー、製品の鮮度や風味を損なうことなく殺菌する鮮圧殺菌装置等を用い、徹底的に安全を確保しています。

[防虫対策]

外部調査会社に委託し、毎月1回、害虫侵入の有無を捕虫器で検査し、対策を講じています。

[製品品質検査]

水質検査、菌数検査を定期的に実施。社員の検便検査も年4回実施しています。

水・素材・独自製法について

白山の伏流水と良質の素材、
独自性法でつくる本物の味。

霊峰白山のミネラル豊富な伏流水。手間暇かけて作られた大豆・胡麻・葛。ごまかしのきかないシンプルな材料を生かす独自製法で、私たちは本物の味と食感を追求しています。

鮮度管理について

[温度管理]

冷蔵温度を3つの温度帯に区分。
製品の食感を高める温度管理。

商品の特性と用途毎に、保存温度を冷蔵商品で1℃、5℃、8℃の3温度帯に区別された冷蔵庫に保管。ごまどうふは、製造後すぐに冷却せず、8℃の保管庫で48時間の緩慢冷却をすることで食感を高めています。

冷凍保管庫は、マイナス30℃で保管しています。おせち料理等は、開閉を頻繁に行わない冷凍庫に分けて保管しています。

[凍結装置]

細胞を生きたまま凍結する
高性能な凍結技術を冷凍食品に。

調理・加工した製品を凍結する装置・CAS(CellAive System=細胞を生きたまま凍結するシステム)を、2002年に全国で3番目に導入。現在は、さらに高性能な3D凍結装置を導入し、素材本来の風味と手作りの良さを再現できる高品質な凍結技術を用いて、豆腐創作料理・おせち・豆乳スイーツ等、高品質な冷凍食品を製造しています。

独自の生産システムについて

製造ラインやパイプの太さ、
コンベアの速度まで徹底検証。

他にはないおいしさや安全へのこだわりを追求ため、既存の生産システムではなく独自の生産システムを設計・開発しています。製造ラインやパイプの太さ、機械回りやコンベアの速度など、細部までよりよい製品作りのため徹底検証。どこにもない当社オリジナルの生産システムを作り上げています。

社員の質について

どうしたらできるか考え、
一人ひとりが真摯に向き合う。

「損得ぬきに命がけで取り組む」。阪神淡路大震災時に当時の社員全員が、2日間不眠不休で湯豆腐を作り配り続け、何千人もの人たちに配ることができました。この貴重な体験が、「目標があれば方針が立ち、頑張ることができる」「課題に関してできない理由を並べない。どうしたらできるかを考える」という社風を根付かせました。より高みをめざして、より良い製品作りに取り組む。一人ひとりが真摯に仕事に向き合うことで日々成長し、“仕事人”としての質を高める努力をしています。

経営の質について

当社に関わる全ての人のため、
企業活動のトータルな
質を高める。

企業として社会で活動するうえにおいて、「安全」「製品(味)」「社員」の質はもちろん、企業活動のトータルな質、すなわち「経営の質」も大切であると私たちは考えています。幸伸食品に関わるすべての方々…お客様、お取引先様、仕入れ先様、社員の家族、社員の『健康と幸せ』をめざして。私たちは、経営品質の向上に努めています。

幸家オンラインショップ
幸家直営店
トップページへ戻る